代表メッセージ

 認定 NPO 法人だんだんの樹は、介護保険制度開始と同時に活動を始め、今年で 20 周年を迎えました。『 ”お互い様の助け合いの輪” を広げ支え合う地域を目指して積極的に福祉に貢献していく 』という理念に基づき活動を続けてまいりました。

 思い返せば当初は数人の主婦の「自分たちが年を重ねた時に、安心して楽しく暮らせる地域をつくりたい」という小さな(熱い!?)想いからの出発でした。介護保険等の事業では「助けて」の声にできる限り応えてその方の生活を支え、地域サロンの立上げは、ボランティアさんと一緒にスタッフも元気になれる場作りでした。

 悩みや失敗を繰り返しながらも、「一緒に頑張ろう」という仲間の声に励まされ、また「だんだんの樹があって良かった」というご利用者様に背中を押されながら歩んできた 20 年です。

 そして2016年は多くの皆さまの応援を得て、横浜市地域交流拠点「コミュニティだんだん」を開所しました。ここは、人生 100 年時代を迎えた私たち一人ひとりの居場所です。

 ”お互い様の助け合いの輪” を広げる為に、これからもだんだんの樹は様々な活動を通して歩んで参ります。

認定 NPO 法人だんだんの樹
理事長 服部 恵津子
2020年4月